HOME >> 軽自動車 廃車の査定

軽自動車 廃車の査定

手軽に購入できて、維持費も安く済むなどの理由で人気の高い軽自動車ですが、廃車をする際には、さまざまな手続き方法があります。
また、かかる費用も異なってきますし、保険料の残存期間によって、覚えておきたいこともいくつかあります。

軽自動車を高く売りたい方は専門業者に買い取ってもらいましょう!

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、軽自動車を一番高く売却する奥の手。一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

廃車にも種類がある

一時抹消登録ひとことで「廃車」といっても、いくつかの種類があります。
まず、一般的によく知られている廃車は、車本体をスクラップなどにしてしまい、永久に登録を抹消してしまうことをいいますが、スクラップをせずに一時的に廃車扱いとしての処理にしてしまう場合もあります。
この場合には、「一時抹消登録」と呼ばれています。

もちろん、廃車にかかる費用もそれぞれ違ってきますし、その後の扱いも変わってきます。廃車の査定を受ける際には、自分愛車が、永久的に抹消登録をするものなのか、一時抹消登録になるのか、確認しておくとよいでしょう。
もちろん、査定の価格も違ってきます。

廃車にも費用がかかる

廃車にも費用がかかる車を廃車にする場合には、「リサイクル料」や「解体費用」、「抹消登録費用」などの経費がかかります。
もちろん手続きに手間はかかるものの、個人で廃車を行うこともできる他、ディーラーなどの車販売業者でも廃車の手続きを行ってはいます。

しかし、買取業者を上手に活用してみると、無駄な費用がかからずに廃車の手続きが取れるところもありますので、一度、数社に当たってみるのもよいでしょう。
かかる費用もまちまちになっていますので、自分の希望に合うところを選ぶようにしましょう。


廃車の査定で気を付けておきたいところ

愛車を手放す際には廃車にすることもありますが、加入していた保険料を年額払いしている場合には、残存期間に応じて保険料の未経過分が返納になります。

解約の際には、保険会社への手続きが必要になりますので、忘れずに行うようにしましょう。
もちろん、廃車を業者にお願いする場合には、査定価格に保険料の返戻分が上乗せになっている場合もありますので、手続きを行う前には、きちんと確認しておいたほうがよいでしょう。

買取業者を賢く利用しよう

買取業者によっては得意としている分野も異なりますので、一括査定を利用して、数社からの査定価格を調べてみるのもよいでしょう。

業者によっては、移動費用やレッカー代などを負担してくれる業者もあります。
また、さまざまな手数料などのかからない無料で引き取りしてくれる業者もありますので、賢く利用してみましょう。
特に、かんたん車査定ガイドはオススメです。ぜひ査定に出してみましょう。

愛車の買取価格を20万円アップさせる方法
買取価格を20万円アップさせる【車買取一括査定ランキング】はコチラ!!



■関連記事
軽自動車の下取りと買取の違い
譲渡や一時使用中止、廃車より断然お得な「買取」
軽自動車の廃車は待って!
軽自動車!買取だと売却金額は上がる?
34歳主婦Kさんの軽自動車が64万円で売れました。

愛車を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、あなたの軽自動車を一番高く売却する奥の手、一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎください。
>>最高額が出る!簡単&無料の複数社一括スピード査定。