HOME >> 売却前に用意しておくこと

売却前に用意しておくこと

軽自動車を高く売りたい方は専門業者に買い取ってもらいましょう!

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、軽自動車を一番高く売却する奥の手。一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

必要書類等を準備しよう

車の売却に必要な書類を準備しよう自分の乗ってきた軽自動車を売却する前には、しておかなければいけないことや、用意しておかなければいけない書類というのがたくさんあります。

買取先が決まってからでも遅くないのではという方もいるかもしれませんが、スムーズに買取をお願いするためにも、後で慌てないためにも事前に用意しておくよう心がけておきましょう。

また、書類などによっては査定自体が受けられない、買取してもらえないということも充分考えられます。まずは必要となるものに、目を通しておくぐらいはしておきましょう。

では実際に中古車買取店の査定および売却をするためには、どのような書類がどの程度必要になってくるのでしょうか。

査定前に準備しなければいけない書類とは

車検証と自賠責保険証書車の査定を受けるには、最低でも準備しておかなくてはならない書類があります。
自動車検査証いわゆる車検証や、軽自動車に限らず車に乗る人であれば必ず加入しておかなければいけない保険でもある、自賠責保険証書の二つの書類に関しては、必ず査定を受ける前に前もって準備しておく必要があります。

この自動車検査証、いわゆる車検証というのは、車検証自体をよく見てみればわかりますが、所有者欄と使用者欄の二つに分かれています。

この所有者と使用者を公的に証明するであるとか、その所有している軽自動車や普通車が国の定める規則によってきちんと自動車保安基準と呼ばれるものに適合しているかどうかを証明するものが自動車検査証になります。

車検証には、その他にも自動車に関する大事なことがたくさん記載されているので、査定や売却をするときはもちろん、普段から大事にしまっておかなければいけない書類なのです。

また自賠責保険証というのは、最低限車に乗るためには入っておかなければいけない保険なので、この保険の証明書も売却の際には必要となってきます。

ない、見つからない場合には、再発行などの手続きをする必要が出てきます。有無の確認は査定をお願いする前に必ずしておきましょう。

売却前に用意しておくべき書類

軽自動車売却前に用意しておく書類買取をお願いする時点で必要となってくる書類には以下のものがあります。
  1. 自動車車検証(現住所、氏名の確認を忘れずに)
  2. 自賠責保険証明書
  3. 印鑑証明書2通(発行後1か月以内のもの)
  4. 自動車納税証明書
  5. 実印
  6. 振込先の銀行口座
  7. リサイクル券
などがあります。印鑑証明などは買取が決まってからでも用意できますが、事前に都合の良い日にとっておくと、後でバタバタする必要もありません。
実印などの登録もしていないという方は、早めに登録しておきましょう。

愛車の買取価格を20万円アップさせる方法
買取価格を20万円アップさせる【車買取一括査定ランキング】はコチラ!!


愛車を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、あなたの軽自動車を一番高く売却する奥の手、一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎください。
>>最高額が出る!簡単&無料の複数社一括スピード査定。

軽自動車のメリットとデメリット

今や新車の販売台数の約40%を占めている軽自動車は、維持費や運転のしやすさから男女を問わず大人気となっています。ただ、軽自動車にもメリットばかりではなくデメリットもあります。
>>次の記事へ