HOME >> 軽自動車のメリットとデメリット

軽自動車のメリットとデメリット

軽自動車を高く売りたい方は専門業者に買い取ってもらいましょう!

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、軽自動車を一番高く売却する奥の手。一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

軽自動車を選ぶには

軽自動車のメリットとデメリット今や新車の販売台数の約40%を占めている軽自動車は、維持費や運転のしやすさから男女を問わず大人気となっています。

ただ、軽自動車にもメリットばかりではなくデメリットもあります。
また軽自動車にも、スライドドア付きのファミリーカーとして人気のあるプチバンと呼ばれるタイプ、4WDでオフロードの走行性能が非常に良いSUV・クロカン、本格的なスポーツカーとして楽しめるタイプなど色々あります。

乗り換えや買取を考える際には軽自動車のメリットとデメリットを知ったうえで、家族構成やどんな場面で使うかをよく検討して選びましょう。

軽自動車のメリット

○維持費の安さ
軽自動車のメリットまずなんといっても最大のメリットは維持費の安さです。
車種によっての違いはあるものの、軽自動車は基本的に車体が小さく排気量も少ないものが多いです。
そのため多くの軽自動車が低燃費となっており、同じガソリンの量で普通車の2〜3倍の距離を走行することも可能です。

また、自動車税・自動車取得税・重量税、どれも普通車より安くなっているのも魅力です。
高速道路や有料道路でも、利用料金が普通自動車より20%ほど安くなっています。
車両本体の購入価格も普通自動車に比べてお手軽な金額が多いです。

○場所を取らない・小回りがきく
車体がコンパクトなので狭い駐車場でも小さいガレージでも駐車できます。
小回りもきくので狭い道路での方向転換でも断然有利です。
日本の住宅事情や交通事情に適しているため運転しやすいというのも軽自動車のメリットなのです。

○手続きが普通車よりも簡単
軽自動車の登録手続きは普通車よりも簡素化されているので、地域によっても異なりますが、登録する際には印鑑証明や車庫証明が必要ありません。
そのため購入したらすぐに乗り始めることができます。

軽自動車のデメリット

○安全性への不安
軽自動車のデメリット軽自動車は決められた大きさのなかで室内空間を広くするため、どうしてもボディが薄くなっています。
車体もコンパクトで軽いため、事故が起きた場合の安全性は強化されつつあるものの、不安が残ります。
また車体の軽さから台風などの強風に煽られることもあるため気をつけなければなりません。

○パワーが弱い
軽自動車のエンジンは660ccですので、アクセル全開にしても普通車ほどのパワーはありません。
とくに坂道などの加速ではパワー不足を痛感するでしょう。

○4人までしか乗れない
軽自動車の定員は4人です。
最近の軽自動車は室内空間が広いので5人でもいけそうですが、大人が5人乗って走行していると警察に捕まります。
そのため大人数での移動には不向きで、乗員数や荷物が増えるとさらにパワーが落ちて燃費もかかってしまいます。

愛車の買取価格を20万円アップさせる方法
買取価格を20万円アップさせる【車買取一括査定ランキング】はコチラ!!


愛車を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、あなたの軽自動車を一番高く売却する奥の手、一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎください。
>>最高額が出る!簡単&無料の複数社一括スピード査定。

軽自動車の車検費用はいくら?

軽自動車の車検は自動車を保有している限り受けなければならないもので、車検にかかる費用は「車検基本料」と「法定費用」の二つで構成されています。「車検基本料」は車検を行った整備工場などに支払う料金。「法定費用」は自分で車検を行う「ユーザー車検」を行ったとしても必ず支払わなければならない費用です。
>>次の記事へ