HOME >> 軽自動車の車検費用はいくら?

軽自動車の車検費用はいくら?

軽自動車を高く売りたい方は専門業者に買い取ってもらいましょう!

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、軽自動車を一番高く売却する奥の手。一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

軽自動車にかかる車検費用

軽自動車にかかる車検費用車検は自動車を保有している限り受けなければならないもので、車検にかかる費用は「車検基本料」「法定費用」の二つで構成されています。

「車検基本料」は車検を行った整備工場などに支払う料金で、車の車種や状態、どこで車検を受けるかなどでかかる費用が大きく変わってきます。

「法定費用」は自分で車検を行う「ユーザー車検」を行ったとしても必ず支払わなければならない費用です。

その金額は車の状態やどこで車検を受けるかに関係なく一定です。

ただ普通車に比べて軽自動車の方がかかる費用は安くなります。

軽自動車の車検基本料は安いのか

車検基本料の内訳は、法律で義務付けられた点検や整備にかかる「24ヶ月点検整備料」、検査そのものにかかる「検査料」、所有者の代わりに検査をしてもらう「代行手数料」になります。

軽自動車の車検基本料は安いのか結論から言って、軽自動車だから車検基本料が安くなるということはありません。

点検や整備にかかる費用は車検代行を行なう業者がそれぞれ価格設定をしているため、点検項目も整備項目も統一されているわけではなく費用も一律ではないのです。

ですから、車の状態がいい普通車の方が状態の悪い軽自動車よりも車検基本料は安くつく、ということもあり得ます。

ただ軽自動車は車体も小さく部品も少ないので、劣化した部品を交換したり追加整備が必要になったりということが普通車よりは比較的少ないと思われます。

軽自動車の法定費用はどのくらい安いのか

法定費用は国や保険会社に支払う法律で定められた費用で、その内訳は「自賠責保険料(自動車損害賠償責任保険料)」「自動車重量税」「検査印紙代」からなっています。

「自賠責保険料(自動車損害賠償責任保険料)」にかかる費用は、重量に関係なく普通車は27,840円(24ヶ月)、軽自動車は26,370円(24ヶ月)と、軽自動車の方が安い設定ではありますがそれほど大きい差額でありません。

軽自動車の法定費用はどのくらい安いのか「検査印紙代」も、1.0t以下の普通車が1,700円でそれ以上は一律1,800円なのに対して軽自動車は1,100円と、こちらもあまりお得な印象は受けません。

注目すべきは重量税です。

重量税は車の重量によって変わりますが、軽自動車は排気量660cc未満であるため車両サイズ・重さが一定以上にはなり得ないという理由から、どんな車種やタイプであれ「軽自動車」のみでくくられて重量税も6,600円と一律になっています。

しかし普通車は、1.0t以下の普通車で16,400円、2.5t以下では41,000円と車が大きく重くなるほど重量税も高額になっていきます。

なんとその差額は少ないものでも約10,000円、大きいものになれば30,000円以上にもなるのです。

車検は2年ごとに受けなければならないので、10年もすれば、普通車と比較して15万円ほどの出費が抑えられることになります。

愛車の買取価格を20万円アップさせる方法
買取価格を20万円アップさせる【車買取一括査定ランキング】はコチラ!!


愛車を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、あなたの軽自動車を一番高く売却する奥の手、一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎください。
>>最高額が出る!簡単&無料の複数社一括スピード査定。