HOME >> 買取査定相場が安い車種

買取査定相場が安い車種

買取査定が安いと言われている車種にはどんなものがあるのでしょうか?
ここでは各メーカーごとに買取額が安い代表車種を見ていくことにしましょう。
新車購入の際にも売却することを踏まえて参考にしてみましょう。

軽自動車を高く売りたい方は専門業者に買い取ってもらいましょう!

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、軽自動車を一番高く売却する奥の手。一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

スズキ

「ラパン」
買取査定相場が安い車種角張っていながらも丸みを帯びたボディにやわらかいパステルカラーで、ラパンは「かわいい軽」として女性からの圧倒的な人気を誇っています。
見た目以上に室内が広く快適な乗り心地も好評で、2015年には新モデルも登場しました。

しかし残念ですが、それによって旧型の市場価値が下落に向かっていくことが考えられます。
乗り換えや買取を考えている人は次の車検がくるまでに動き出したほうがいいでしょう。

「ワゴンR」
日本を代表する軽自動車で、人気があるがゆえに中古車市場に出回っている数も多い車種です。
一定のニーズもあるのですが、それを上回るほど中古車の台数が豊富なためワゴンRは値落ちが早い車種ともいえます。売却の際には年式や走行距離や車の状態によって辛口の査定を受けることになるかもしれません。

走行距離75,000kmを超えるかどうかで買取価格が大きく変わることが多いので、75,000kmを超えるまでに査定してもらったほうがいいと思われます。

ダイハツ

「ミラ」
1980年に初モデルが登場、それ以降は老若男女を問わず運転しやすい軽自動車として安定したファンがついていました。特徴は「軽セダン」と呼ばれるほどの居住性の高さです。

ですが長く愛されてきたため生産数も多く、中古車市場にはたくさんのミラが出回っています。
再販価値を維持することも難しくなってきて売却価格も下落しています。
高く買取ってもらえるうちに乗り換えるのも一つの方法ですが、乗りつぶすという選択のほうがかしこいかもしれません。

ホンダ

「ライフ」
一時はホンダを代表するモデルにもなり人気軽自動車として活躍していたライフでしたが、同じくホンダから「N」シリーズが発売されたことをきっかけに市場は一変しました。
「N」シリーズは爆発的に人気をよび、今ではライフに代わってホンダの顔となっています。

2014年に「N-WGN(エヌワゴン)」がデビューすると同時に新車販売を終了していますので、過去モデルと認識されてしまえば一気に市場での価値が落ちるかもしれません。
そうなる前に売却する、それも一つの手段です。

三菱

eKワゴン「eKワゴン」
2001年に初代モデルがデビューした「eKワゴン」には「いい軽」を創ろうという思いが込められていました。居住性やバランスのとれた使い勝手の良さに定評があり、運転しやすいセミトールワゴンとして安定した人気があります。

とはいえ現行モデルでは日産のOEM車である「デイズ」に人気を奪われて再販価値が下落しつつあります。
もし買取業者への売却を考えているなら、4回目車検前、購入から8〜9年後までに答えを出すことをオススメします。

愛車の買取価格を20万円アップさせる方法
買取価格を20万円アップさせる【車買取一括査定ランキング】はコチラ!!


■関連記事
買取査定相場が高い車種
34歳主婦Kさんの軽自動車が64万円で売れました。
主な軽自動車メーカー(中古車)の買取査定相場
軽自動車の廃車は待って!
軽自動車!買取だと売却金額は上がる?

愛車を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、あなたの軽自動車を一番高く売却する奥の手、一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎください。
>>最高額が出る!簡単&無料の複数社一括スピード査定。