HOME >> 軽自動車お役立ち情報(1)

軽自動車お役立ち情報(1)

軽自動車の廃車の仕方、名義変更、抹消手続き、軽自動車の自動車税、自動車重量税、自賠責保険、任意保険、軽自動車検査証返納確認書の書き方のことなど、軽自動車お役立ち情報を掲載しています。

軽自動車を高く売りたい方は専門業者に買い取ってもらいましょう!

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、軽自動車を一番高く売却する奥の手。一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!


軽自動車税の名義変更した場合の返金
軽自動車税は、毎年1回、1年分の税額を一度で納付することになっています。自動車税のように月割りで納付する制度がありません。軽自動車税は後払いということもあり、返還もされません。
>>続きを読む


自動車税を払っていない軽自動車を廃車にする
自動車税が都道府県税であるのに対し、軽自動車税は市町村税です。軽自動車税の「納税通知書」は、車の所有者が住む各市町村から、ふつう5月初旬から中旬、多くの場合ゴールデンウィーク明けに送付されてきます。
>>続きを読む


軽自動車検査証返納確認書の書き方
軽自動車の廃車手続きには「解体返納」、「一時使用中止」、「解体届出」の3つの方法があります。このうち、「いまは乗らないけれど、あとでまた乗るかも知れない」という場合には「一時使用中止」を選択します。
>>続きを読む


自動車検査証返納証明書と軽自動車検査証返納確認書
自動車の登録や廃車の手続きは「自動車検査登録事務所」、通称「陸運局」で行うのに対し、軽自動車は「軽自動車検査協会」で行います。軽自動車の廃車手続きには「解体返納」、「一時使用中止」、「解体届出」の3つの方法があります。
>>続きを読む


軽自動車の所有権者がディーラーの場合、廃車にするには
割賦販売(自動車ローン)などで車を購入すると、たいてい車検証上の車の所有者はクレジット会社・信販会社・自動車販売店・ディーラーなどの名義になります。この場合、買主は名義上「所有者」ではなく「使用者」ということになります。
>>続きを読む


軽自動車の解体返納とは?
軽自動車の廃車手続きにはつぎの3通りの方法があります。●解体返納●一時使用中止●解体届出・・・。
>>続きを読む


軽自動車の16条抹消手続きについて
車を廃車にするのには、大きく分けると車が公道を走るための許可を永久的に抹消するのか、一時的に抹消するのかのふたつに分かれます。永久的な抹消が「道路運送車両法」の第15条を根拠にするのに対し、一時的な抹消は同法第16条を根拠にすることから、「16条抹消手続き」とも呼ばれます。
>>続きを読む

愛車の買取価格を20万円アップさせる方法
買取価格を20万円アップさせる【車買取一括査定ランキング】はコチラ!!


■関連記事
軽自動車お役立ち情報(1)
軽自動車お役立ち情報(2)
軽自動車お役立ち情報(3)

愛車を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、あなたの軽自動車を一番高く売却する奥の手、一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎください。
>>最高額が出る!簡単&無料の複数社一括スピード査定。