HOME >> 軽自動車お役立ち情報(3)

軽自動車お役立ち情報(3)

軽自動車の自動車税、自動車重量税、自賠責保険、任意保険のことなど、知っておくと便利な軽自動車お役立ち情報を掲載その3です。

軽自動車を高く売りたい方は専門業者に買い取ってもらいましょう!

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、軽自動車を一番高く売却する奥の手。一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!


軽自動車の任意保険を解約する
自賠責保険は普通車・軽自動車・バイクを問わず、必ず加入しなければならない損害保険です。軽自動車の車検証を新たに発給してもらう際には、たとえば新車の初回なら3年、2回目以降は2年というように車検証の有効期間が決められますが、自賠責保険はこうした車検証の有効期間をカバーするように契約し保険料を支払わなければなりません。
>>続きを読む


軽自動車を一時使用中止する時ナンバープレートを返納できないケース
軽自動車を一時使用中止する「自動車検査証返納届」の手続の際には、「車検証」と「ナンバープレート」を返納しなければなりません。しかし車が盗難にあった場合やナンバープレートを外して盗まれた場合、はずれて紛失しまった場合などでは、ナンバープレートを返納することができません。
>>続きを読む


軽自動車の一時使用中止に必要な書類
車検証やナンバープレートがない軽自動車を、申請によって運転できる状態にする手続を「新規検査」といいます。普通自動車の「新規登録」に当たります。この手続によって自動車検査証、通称「車検証」と、2枚の車両番号標、通称「ナンバープレート」が交付され、これを備えることで日本の公道を走ってよい車として認められるわけです。
>>続きを読む


軽自動車を一時使用中止にしたら税金は?
自動車取得税は、車を購入した時にのみ支払う税金です。消費税が8%になった平成26年4月から、従来の3%から2%に税率が引き下げになりました。消費税が10%になるときには廃止が予定されています。
>>続きを読む


自動車検査証返納証明書交付申請書とは
軽自動車を一時使用中止にする手続のことを「自動車検査証返納届」といいます。この際に使う申請書が「自動車検査証返納届出書」です。この書類は「自動車検査証返納証明書交付申請書」と合併様式で、1枚の紙にふたつの書類が印刷されています。
>>続きを読む


軽四号OCRシート 重量税の金額について
「解体返納」は解体(スクラップ)して廃車を届け出る手続、「解体届出」は廃車になっている車を解体したことを届ける手続で、いずれも車を廃棄処分にするものです。この場合、車検証に残存期間が1か月以上あれば、自動車重量税の払い戻しを受けることができます。
>>続きを読む


OCR軽4号様式の書き方
軽自動車を一時使用中止にする場合、「自動車検査証返納届」の手続を行います。この際に提出する書類のひとつが「自動車検査証返納証明書交付申請書 自動車検査証返納届出書」です。
>>続きを読む


自動車検査証返送証明書って何?
軽自動車を一時使用中止の状態にする手続は、「自動車検査証返納届」と呼ばれます。交付されていた車検証とナンバープレートを返納し、車が公道を走る許可を失効させるものです。
>>続きを読む


軽自動車を売却するために必要な書類は?
軽自動車を売却するために必要な書類について。もし紛失してしまっていたら再交付してもらわなければなりませんので、買取してもらうにしても下取りに出すにしても、いざ手続きを進める前にすべて揃っているか確認しておくことをオススメします。
>>続きを読む


譲渡や一時使用中止、廃車より断然お得な「買取」
軽自動車は買取・販売するのが断然お得です。カンタンに譲渡や一時使用中止、廃車にすべき車種ではありません。
>>続きを読む

軽自動車の自動車保険について
軽自動車の自賠責保険料は、平成23年4月と平成25年の2回にわたり値上げされ、現在では普通車が27,840円で軽自動車は26,370円、その差額は1,470円と以前の半分以下になってしまいました。
>>続きを読む

愛車の買取価格を20万円アップさせる方法
買取価格を20万円アップさせる【車買取一括査定ランキング】はコチラ!!


■関連記事
軽自動車お役立ち情報(1)
軽自動車お役立ち情報(2)
軽自動車お役立ち情報(3)

愛車を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、あなたの軽自動車を一番高く売却する奥の手、一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎください。
>>最高額が出る!簡単&無料の複数社一括スピード査定。